2014年04月03日

キルフェボンの「徳島県里浦産鳴門金時"里むすめ"と胡麻のタルト」(浜松市中区)

何年かぶりに行きました。
プレゼント用の焼き菓子を買うだけのつもりでしたが、
見るとやっぱり欲しくなってしまいます。

今が旬の"日向夏"とどっちにしようか迷いましたが、
一目ぼれした"里むすめ"に決定(笑)

Qu'ilfaitbon_001.jpg
シンプルだけどかわいい

お芋と生クリームのシンプルなつくり。
胡麻はどこだ?と思えばタルト生地に黒胡麻がたっぷり入っています。
それから、白胡麻のクレームブリュレが入っているそうです。
(私としたことが、白胡麻はわからなかった!)

そして、アクセントがこの桜の花びら。
桜の花の塩漬けを粉末にしたようなものが花びら型にかかっています。
ちょっぴり塩味と桜の香りが気分をワクワクさせてくれます。
手前の花びらはラングドシャです。
これはクリームの水分でふやけてしまっていて、よろしくありません。


・・・一番の難点は「高い」ってことか(笑)






タグ:ケーキ
posted by pâtissière at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋菓子 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393664200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック